監査対策


ホーム » 監査対策

運行監査とは

運行監査とは、国土交通省が実施する運送事業者の運行管理が適正に行われているかをチェックするものです。運行監査では、以下の項目が重点的にチェックされます。

  • 運行計画の順守状況
  • 運賃・料金の収受状況
  • 損害賠償責任保険(共済)の加入状況
  • 自家用自動車の利用、名義貸し行為の有無
  • 社会保険などの加入状況
  • 賃金の支払い状況
  • 運行管理の実施状況
  • 整備管理の実施状況

法令違反があったら

運行監査で法令違反が見つかった場合は、国土交通省から行政指導や行政処分を受ける可能性があります。

  • 行政指導:運送事業者に改善を促す措置です。
  • 行政処分:運送事業者の免許の取り消しや事業の停止などの措置です。

運行監査に合格する

監査に合格するためには、運送事業者が法令を遵守し、運行管理を適正に行うことが重要です。運送事業者は、運行監査の実施を事前に把握し、万全の準備をしておくことが重要です。

近年は、外部発注(アウトソーシング)をする事業者が増えてきています。アウトソーシングをすることで時間、経費を抑えることができるからです。

お申込み・費用

お申込み・費用などのご相談は下記からお願い致します。

お振り込み銀行口座

お振込銀行口座はこちら。ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ホーム » 監査対策