運行管理者になるには


ホーム » ブログ » 運行管理者になるには

自動車運送事業の運行管理者になるための方法について説明します。

  • 必要な資格を取得する

運行管理者になるには、運行管理者試験に合格し、運行管理者資格者証を取得する必要があります。運行管理者試験は、国土交通省が実施しています。試験は、筆記試験と実技試験で構成されています。筆記試験は、道路交通法、運行管理者規則、労働安全衛生法、健康診断、運転者教育、安全運行管理、事故の予防などの知識を問われます。実技試験は、運転日誌の作成、安全運行管理計画の作成などを行います。

  • 運行管理者講習を受ける

運行管理者試験を受験するためには、運行管理者講習を受講する必要があります。運行管理者講習は、国土交通省が認定した講習機関で受ける事ができます。講習は道路交通法、運行管理者規則、労働安全衛生法、健康診断、運転者教育、安全運行管理、事故の予防などの知識を学びます。

  • 運行管理者として選任される

運行管理者試験に合格し、運行管理者資格証を取得しても、すぐに運行管理者として選任されるわけではありません。運送事業者は、運行管理者として選任する前に、国土交通省に申請する必要があります。申請書には、運行管理者資格者証の写し、運転者名簿、運行管理計画などの書類を添付する必要があります。

運送事業者が運行管理者として選任されると、運行管理者は、事業用自動車の安全運行を管理する責任を負うことになります。運行管理者は、運転者の労働時間、休息時間、健康状態などを管理し、安全運行を図る必要があります。また、事故が発生した場合は、事故の原因を調査し、再発防止策を講じる必要があります。

最後に

運行管理者は、運送事業の安全を守るために重要な役割を担っています。運行管理者として選任された方は、安全運行に努めてください。

運行管理者講習運行管理者試験対策などのご要望はお問い合わせくださいませ。

ホーム » ブログ » 運行管理者になるには