運行管理者試験を受験


ホーム » ブログ » 運行管理者試験を受験

これから運行管理者試験を受験しようと考えている方に、受験手順をお伝えしたいと思います。

運行管理者試験の受験方法は以下のとおりです。

  • 受験資格を満たす
  • 運行管理者試験センターに受験申請をする
  • 受験料を納付する
  • 試験を受ける
  • 合格発表を受ける

受験資格

運行管理者試験の受験資格は以下のとおりです。

  • 運転免許証を取得していること
  • 次のいずれかに該当する実務経験を有していること:トラック、バス、タクシー、ハイヤーなどの事業用自動車の運転者として、1年以上の実務経験を有している事
  • 運行管理者講習を修了している事

受験申請

運行管理者試験の受験申請は、運行管理者センターのウェブサイトから行います。受験申請には、受験申込書、運転免許証の写し、実務経験証明書等の必要書類が必要です。

受験料・試験

運行管理者試験の受験料は、一人合計で6880円です。

運行管理者試験の科目は以下のとおりです。

  • 道路交通法
  • 自動車運転法
  • 道路運送法
  • 道路運送車両法
  • 労働基準法
  • 労働安全衛生法
  • 自動車運送事業法
  • 貨物自動車運送事業法(試験は旅客とは別です。)
  • 旅客自動車運送事業法(試験は貨物とは別です。)

合格発表

運行管理者試験の合格発表は、試験終了後約1ヶ月後に行われます。合格発表は、運行管理者試験センターのウェブサイトや、受験者宛に郵送で通知されます。

まとめ

運行管理者試験は、難易度が高い試験です。しかし、合格すると、運行管理者として働くことができるようになります。運行管理者は、事業用自動車の運行を安全に管理する重要な役割を担っています。運行管理者として働くことで、社会に貢献する事ができます。運行管理者試験を受験する前に、専門家による運行管理者試験対策講習を受講されたい方は、運行管理サポートまでお問い合わせ下さい。

ホーム » ブログ » 運行管理者試験を受験