運行管理者とは


ホーム » ブログ » 運行管理者とは

運行管理者とは

運行管理者とは、道路交通法で定められた運行の安全を確保するための業務を行う者です。

運行管理者は、事業用自動車の運転者の乗務割の作成、休憩・睡眠施設の保守管理、運転者の指導監督、点呼による運転者の疲労・健康状態等の把握や安全運行の指示等、事業用自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。

運行管理者として選任されるためには、道路交通法で定められた資格要件を満たす必要があります。資格要件は次のとおりです。

  • 事業用自動車の運行の管理に関する実務経験が5年以上あること。
  • 運行管理者試験に合格すること

運行管理者のメリット

運行管理者講習は、運行管理者として必要な知識と技能を習得するための講習です。運行管理者講習には、基礎講習と一般講習と特別講習があります。基礎講習は、運行管理者として選任される予定の方を対象とした講習です。一般講習は、既に運行管理者として選任されている方または運行管理者の補助として運行管理業務をされている方を対象とした講習です。講習時間は、基礎講習が13時間、一般講習が5時間等です。

運行管理者講習を受講することで、次のメリットがあります。

  • 運行管理者として必要な知識と技能を習得できる
  • 道路交通事故の防止に貢献できる
  • 安全運転の推進に貢献できる
  • 運転者のモチベーションを向上させる事ができる
  • 企業の評価を向上させる事ができる

最後に

運行管理者は、事業所にとっては必ず必要になります。事業者は運行管理者を育てるのに時間、費用がかかります。新たに運転管理者を選任したときには、早く試験に合格して欲しいと思います。運行管理サポートでは、早く試験に合格するための試験対策も行なっております。運転管理者講習の受講を希望される方は、運転管理サポートのウェブサイトからお申し込みください。(電話でのご予約も承っています。)

ホーム » ブログ » 運行管理者とは