運行管理者試験対策


ホーム » 運行管理者試験対策

運行管理者試験とは

運行管理者試験とは、旅客自動車運送業や貨物自動車運送業を経営する事業者に義務付けられている試験です。この試験に合格することで、運行管理者として事業を経営することができます。

向上

運行管理者試験

運行管理者試験は、貨物自動車運送事業と旅客自動車運送事業の2種類に分かれています。貨物自動車運送事業の運行管理者試験は、30問中18問以上正解することで合格となります。旅客自動車運送事業の運行管理者試験は、30問中18問以上正解することで合格となりますが、そのうち『そのほか運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識及び能力』分野では2問以上正解する必要があります。

合格率は

運行管理者試験の合格率は、年によって異なりますが、概ね50%程度です。合格率を上げるためには、試験範囲をしっかり理解し、問題を多く解くことが重要です。又、試験対策講座を受講したり、参考書を読んだりするのも効果的です。

運行管理者試験に合格することで、事業を安全かつ効率的に経営することができます。また、運行管理者として活躍することで、将来性により高い地位につくことができる可能性があります。

合格するには

運行管理者試験に合格するには、以下の点に注意してください。

  • 試験範囲をしっかり理解する
  • 問題を多く解く
  • 試験対策講座を受講する
  • 参考書を読む

運行管理者試験は、決して簡単な試験ではありませんが、合格をすることで大きなメリットを得ることができます。一回目で試験に合格するために、運行管理試験の前に対策講座を受講することをお勧めします。


受講費用

講習項目料金
運行管理試験対策講習7,000円(税込)
運行管理者試験対策講座費用

開催場所・日時

運行管理者試験対策の会場は決まり次第更新していきます。


ご予約・お問い合わせ

ご予約はお客様のご予定をお伺いして、スケジュールを確定させていただきます。下記のお問い合わせからお願いいたします。

お支払い方法

お支払い方法は、銀行振り込みまたはクレジット決済・デビットカード・電子マネーが可能となっております。クレジット決済・デビットカード・電子マネーにつきましては、当日決済が可能でございます。お振込銀行口座はこちら。ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

他クレジット
電子マネー

お問い合わせ

ホーム » 運行管理者試験対策